mf

about
blog
facebook
twitter



Talking About Football Vol.038 金山友紀

ひとつの時代の転換期を迎えてるであろう日本のフットサル界、
 
絶対王者を倒してMVPに輝いたこの選手は今、何を思うんでしょうか。
 
151016_taf_祖母井
 
「 ペスカドーラ町田 」所属・フットサル元日本代表  金山友紀
 
 
 
野球少年だった金山選手が
 
本格的にボールを蹴り始めたのは高校のサッカー部から。
 
専門学校時代にフットサルに出会い、
 
「 カスカヴェウ 」に所属していた2001年、日本代表に初選出。
 
2度のワールドカップに出場、AFCフットサル選手権には8年連続出場。
 
Fリーグ開幕後は「 ペスカドーラ町田 」の中心選手として活躍。
 
日本フットサル界を牽引してきたパイオニアのひとりです。
 
 
「自分の仕事は求められることを出し切れるかどうか。これに尽きる。
 攻守で体を張ったり、ゴール前に飛び込んだり、
 ゴールにつながるプレーをしていくこと。
 個人の結果は、チームプレーの先にあるものでしかない。」

   Futsal EDGEより
 
 
Fリーグ9連覇中、全日本フットサル選手権3連覇中と、
 
絶対王者の名に相応しい「 名古屋オーシャンズ 」の牙城を崩した
 
2016年3月の選手権、金山選手は大会のMVPに選出されました。
 
 
「今大会前、時にはチームメイトに厳しい事も言いました。
 それは決して陥れようとか嫌いとかと言う気持ちではなく良くしたい、
 もっと出来るんじゃないかと言う気持ちから。
 実際その後からどんどん良くなっていき選手権を迎えました。
 しかしその選手は結局試合に出る事はありませんでした。
 それでもチームの為に自分に何が出来るか
 考えて行動してた選手をとても心強く感じたし、
 そういった選手が控えに付いてたチームは強い!
 その選手が優勝した時に喜び、
 涙してるのを見て本当に良かったと心から思いました!
 今大会の優勝はそういった存在なくしては
 無かった事を忘れてはいけない。」

   Futsal EDGEより
 
 
 
そして、日本代表がワールドカップの出場権を逃したことで
 
新たに生まれていた、この大会への強い強い想い。

 
「自分としては先日のフットサル日本代表の試合からの
 初めてのフットサル界にとって大きな舞台、
 注目される大会という位置付けでした。
 自分に何ができるのかというところで、そういう意味でも思いが強く、
 とにかく気持ちの込もったプレーを最初から最後までやって、
 フットサルっていうのは本当に面白いんだ、
 気持ちが入っていて面白いんだっていうのを
 一人でも多くの人に感じてもらいたいという気持ちで臨みました。」

   Futsal EDGEより
 
 
 
今回は、
 
昨シーズンのFリーグと選手権について、
 
日本のフットサル界の今とこれからについて、
 
6月から始まる新シーズンについて、
 
そして、子供たちの指導についても、
 
たっぷり語っていただこうと思います。
 
 
 
[開催概要]
開催日時  2016年4月21日(木)20:00KickOff
開催場所  futbol&cafe mf 東京都渋谷区神宮前3-18-12
参加費   2.,000円(ワンドリンク付き)
当イベントは予約制となっております。
03-3401-5600 もしくは mail@mf-tokyo.com まで、
①お名前 ②申込人数 ③電話番号 をご連絡ください。
 
 
 
[金山友紀 プロフィール]
ペスカドーラ町田」所属。
フットサル元日本代表。
1977年生まれ。島根県出身。
ワールドカップに2回、AFCフットサル選手権に8回出場。


カテゴリー: Talking About Football, イベント - 2016年4月11日






DIY

Pura Vida!
 
アリサカです、どうも。
 
 
 
先日mfのテラス補修をしました。
 
DIYです、Do It Yourself です。
 
壊れた部分を剥がし、新しい板を切り、打ちつけ、ペンキを塗る。
 
t
 
 
 
一日かけて完成!!
 
r

u
 
 
 
テラスが気持ちいい気候になってきました!
 
今は、満開の桜だって見えます。
 
 
 
ぜひ遊びに来てくださいねー。
 
s


カテゴリー: 今日のMF - 2016年4月3日






ついについに 「 ワタリッシモ 」 が帰ってきます!

アルゼンチンやペルー、アメリカのチームでプレーし、
  
世界選抜ではあのディエゴ・マラドーナとチームメイト、
  
リケルメやテベス、パラシオ、ラベッシーとは親友という間柄、
 
Jリーグのジュニアやジュニアユース、なでしこリーグのチームでは、
 
コーチや監督として選手たちを指導、
  
現在は中国の女子チームの監督を務める、
 
サッカー解説者としてもおなじみの “ 亘 崇詞さん ” が、
  
どこまでもディープな内容をとても軽やかに話す 「 ワタリッシモな夜 」 。
 
 
 
長い中断期間を経て、ついに再開です!
 
IMG_6154
 
 
  
第5回目となる今回のテーマは
  
「 中国サッカーの実情 」 と 「 南米の今 」について。
 
 
 
南米育ちと言っても過言ではない亘さんをもってしても、
 
予測することのできない展開が目白押しだという中国サッカー。
 
報道で目にする機会は多くなってきましたが、
 
実際に現場に立つ人からはどのように見えているのでしょうか。
 
 
 
そして、やはり南米。
 
現在行われているロシアW杯の南米予選、
 
ここに来て3連勝と調子を上げてきたアルゼンチンのお話を中心に、
 
亘さんが注目しているポイントは果たして!?
 
 
 
愉快な愉快な 「 ワタリッシモな夜 」、ぜひ遊びに来てください。
 
  
 
[開催概要]
開催日時  2016年4月9日(土) 19:00~20:30
開催場所  futbol & cafe mf 東京都渋谷区神宮前3-18-12
参加費 2,000円(ワンドリンク付き)
*当イベントは予約制となっております。電話(03-3401-5600)
もしくはメールmail@mf-tokyo.comにて受け付けております。


カテゴリー: イベント - 2016年4月2日






アフガニスタン戦、シリア戦

mf_pv
 
いよいよW杯2次予選が再開!
 
 
 
残りは、アフガニスタン戦とシリア戦の2試合。
 
日本は現在、首位に立っているものの、
 
2位につけているシリアとの勝ち点差はわずか「1」。
 
まずはアフガニスタンにしっかり勝って、
 
最終戦となるホームのシリアとの直接対決に臨みたいですね。
 
 
 
今シーズン所属チームで好調のFWハーフナー・マイク選手、
 
久しぶりの復帰となったGK川島永嗣選手に出番はあるのでしょうか。
 
 
 
アフガニスタン戦は 3/24(木)、
 
最終戦となるシリア戦は 3/29(火)、
 
それぞれ 19:30KO になります。
 
 
 
mfのパブリックビューイングは、ひとつの大画面を着席で観るスタイル。
 
ブラジルカレーやチョリパン、ラテンビールで楽しんでください!
 
 
 
ぜひ一緒に応援しましょう〜!!
 
● 3/24(木)19:30KO(開場18:30) 日本代表vsアフガニスタン代表
● 3/29(火)19:30KO(開場18:30) 日本代表vsシリア代表
 
・チャージ ¥500
・ワンオーダー以上の注文をお願いします


カテゴリー: イベント - 2016年3月22日






チョリパンジャーニー2016

Pura Vida!
 
アリサカです、どうも。
 
 
 
3月に入り、Jリーグも開幕!
 
そして、mfチョリパンジャーニー2016もスタートです!

IMG_4945
 
まず、3/5(土)は千葉県!
 
幕張で開催される『 サカママフェスタ 』! 
 
サッカーをする子供を持つお母さんを応援するフリーマガジン
 
「 サカママ 」主催のこのイベント、
 
会場はオープンして間もない
 
ZOZOPARK HONDA FOOTBALL AREA 」になります。 
 
 
 
その翌日3/6(日)は、岐阜県へ!
 
長良川競技場で開催される『 FC岐阜 』のホーム開幕戦!
 
相手は、コンサドーレ札幌です。
 
IMG_4953
 
 
3/19(土)20(日)は、東京都の青山!
 
3回目の参加となる『 青山パン祭り 』!
 
こだわりのパン屋さんとパン好きな人たちが
 
集結する一大パンイベントです。
 
 
 
祝日となる3/21(月)は、東京都の千住!
 
ミズノフットサルプラザ千住で開催される
 
ミズノフットサルプラザ感謝祭 』!
 
フットサル大会やクリニック、フットサル用品販売などなど、
 
丸一日いろいろな形でフットサルが楽しめます。
 
KV8A6701 
 
mfチョリパンで始める春!
 
ぜひ肉汁に出会いに来てくださいねー。


カテゴリー: MF, イベント, - 2016年3月1日






南米ナイト!

Pura Vida!
 
アリサカです、どうも。
 
 
 
『 Talking About Football Vol.037 熊崎敬 』
 
にお越しくださったみなさん、どうもありがとうございました!
 
南米フライデーナイト!いかがだったでしょうか?
 
a
 
 
 
ブラジルW杯について、
 
昨年のコパ・アメリカについて、
 
南米フットボールジャーニーについて、
 
そして、一番力が入っていたんじゃないかという壁画について(笑)
 
写真を交えながら、たっぷりと語ってくださいました。
 
 
 
例えば、ワールドカップでのブラジルの惨劇について。
 
 
「 勝った方がブラジルの次の対戦相手となる
 
  コロンビアvsウルグアイの試合のとき、
 
  ブラジル人はみんなコロンビアを応援していたんです。
 
  そのときの力からすると、
 
  コロンビアの方が上回っているはずなのに。 」
 
 
「 それはやっぱり、
 
  1950年ブラジルW杯の “ マラカナンの悲劇 ” を
 
  いまだに引きずってるからなんですよね。
 
  だからブラジルにとってのこのときのW杯は、
 
  4年に一度ではなくて、64年に一度のチャンスという、
 
  異常なプレッシャーがかかる状況下だったんですよね。 」
 
 
 
コパ・アメリカ決勝戦の
 
PK戦ラストキッカー “ アレクシス・サンチェス ” のPKについて。
 
 
「 彼が蹴るまでのチリのキックは
 
  みんな成功していたのですが、
 
  アルゼンチンGKのロメロは、
 
  きっちりコースには反応してきていたんですよね。
 
  チリの選手はそれを上回る際の際に決めてきていて。 」
 
 
「 それを見てきている上に、
 
  決めたら勝ち、しかも国際大会初優勝、
 
  というプレッシャーのかかっているサンチェスが
 
  どんなPKを蹴るのかと思っていたら、
 
  まさかのど真ん中へのコロコロ!ほんとビックリしました。
 
  0対0でしたけど、ゲーム内容も含めてすごく
 
  見所の多い試合でしたね。 」
 
 
 
そう、サッカーの面白さは、
 
その瞬間での駆け引きや勝負が、
 
じつはその瞬間だけのものではなくて、
 
それまでの様々な心理的要因が絡んでいるということ。
 
 
 
そして南米サッカーの醍醐味は、
 
その部分を最大限に含めて勝負するというところではないかなと。
 
たくさんの伏線があって、それをお互いが活かそうとする。
 
なので、ハイライトではなくて、ぜひ1試合を通して観てほしいです。
 
 
 
最後に、イベントで紹介された南米各地の壁画を!
 
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
 
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
 
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
 
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
 
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
 
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
 
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
 
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
 
 
 
熊崎さん、オブリガード!!
 
s


カテゴリー: Talking About Football, イベント - 2016年2月8日






gol.ファミリーセール!

Pura Vlda!
 
アリサカです、どうも。
 
 
 
今年もやります、gol.ファミリーセール!
 
 
 
2/11(木)〜13(土)の3日間、
 
時間は、11:00〜19:00となります。
 
 
 
これまでの商品がお得に購入できるだけでなく、
 
この日にしか出ない一点物のサンプルもたくさん!
 
 
 
さらにテラスでは、
 
炭火焼きでのmfチョリパンもやります!
 
 
 
お買得で美味しい3日間、
 
ぜひ遊びに来てくださいねー。
 
fs
 
IMG_8854

IMG_8887
 
 
 
2016年のファミリーセール
2/11(木・祝)   11:00〜19:00
2/12(金)     11:00〜19:00
2/13(土) 11:00〜19:00
 
場所は、裏原宿の裏。ご存知futbol & cafe mf。
 
 
 
gol. STORE HARAJYUKU(futbol & cafe mf内)
 
東京都渋谷区神宮前3-18-12
03-3401-5600


カテゴリー: gol., お知らせ - 2016年1月28日






臨時休業のお知らせ

Pura Vida!
 
アリサカです、どうも。
 
 
 
臨時休業のお知らせをさせていただきます。
 
gol.展示会とその準備のため、
 
1/25(月)〜 1/29(金)
 
は臨時休業とさせていただきます。
 
どうぞご了承ください。
 
DSC03587

DSC03590

DSC03599


カテゴリー: MF, お知らせ - 2016年1月24日






Talking About Football Vol.037 熊崎敬

『 FCバルセロナ 』の「 MSN 」、メッシ・スアレス・ネイマール。
 
自分の持ち味を存分に発揮してのゴール量産、
 
それぞれの個性をさらに輝かせてしまう抜群のコンビネーション、
 
もしかするとサッカー史上で考えても最強のトリオかもしれません。
 
 
 
彼らの際立った個性、そして驚くほど早かった順応力、
 
そのベースには少なからず「 南米大陸 」が関係していると思います。
 
 
 
そのチャンピオンを決めるコパ・アメリカ、
 
地元チリの初優勝で幕を閉じた2015年大会を最初から最後まで、
 
現地で取材をしたライターの人がいます。
 
 
160205_taf
 
サッカーライター  熊崎 敬
 
 
メッシ・スアレス・ネイマールの3人を、
 
 
「 ワールドクラスは得てして並び立たないものだが、
 
  この3人はそれぞれがソロに走ることなく、
 
  互いに呼吸を合わせることを心から楽しんでいる。 」
 
『 サッカーダイジェスト Web 』より
 
 
 
そう評する熊崎さんは、
 
2014年ブラジルワールドカップでの南米のパッションに触れ、
 
チリでのコパ・アメリカの現地取材を決めたのだそうです。
 
 
「 大会を振り返って思うのは、
 
  コパはワールドカップよりも面白い、ということだ。 」
 
『 サッカーダイジェスト Web 』より
 
 

「 コパ・アメリカは、そんな南米人の生き様を凝縮したお祭りだ。
 
  次々と敵が襲い掛かる中で、知恵と身体を駆使して問題を解決する。
 
  それが彼らのフットボール。一つひとつのプレーに、
 
  厳しい現実をどう生き抜くかという人生観が滲み出る。 」
 
『 サッカーダイジェスト Web 』より
 
 
 
そんなコパ・アメリカの取材は、フットボール以外の喜びも。
 
 
「 チリを旅していちばん嬉しかったのは、
 
  試合よりも人情味にあふれた人々と毎日のように出会えたことだ。
 
  これは間違いなく試合以上の思い出になると思う。
 
  コンセプシオンで仲良くなったコロンビア人一家には
 
  ボゴタに招待され、
 
  決勝前に知り合ったアルゼンチン人には
 
  “ アンデスを越えて、メンドーサのウチに遊びに来い ” と誘われた。
 
  こんなことが当たり前のように起きるのも、コパならでは。
 
  大会後の休息をボゴタで過ごすか、メンドーサで過ごすか。
 
  コパが与えてくれた贅沢な悩みである。 」
 
『 サッカーダイジェスト Web 』より
 
 
 
そして、熊崎さんは大会終了後、
 
アンデス山脈をバスで越えてアルゼンチンに入り、
 
フェリーに乗り継ぎウルグアイへ。
 
そこでの壮絶なアマチュアの試合で触れた、南米フットボールの真髄。
 
 
「 ウルグアイは球際に滅法強い。
 
  球際の激しさでは世界一ではないだろうか。
 
  この国が球際に強いのは、球際に生きるしかないからだ。 」
 
『 サッカーダイジェスト Web 』より
 
 
「 プロになって初めてプロ意識を学ぶのではなく、
 
  アマチュアの頃から、
 
  ピッチに立つことの意味を自然と彼らは学んでいる。 」
 
『 サッカーダイジェスト Web 』より
 
 
 
今回は、
 
「 コパ・アメリカ 」チリ大会での各チームや選手について、
 
現地で感じた南米フットボール、南米選手ならではの強みについて、
 
訪れたことのある南米各国でのエピソードについて、
 
など、たっぷり語っていただこうと思います。
 
 
 
今年は6月に、コパ・アメリカの100周年記念大会が開催されます。
 
その前にぜひ、熊崎さんが現地でゲームを見ながら旅して触れた
 
「 南米フットボール 」 の魅力を感じてみてください。
 
 
 
[開催概要]
開催日時  2016年2月5日(金)20:00KickOff
開催場所  futbol&cafe mf 東京都渋谷区神宮前3-18-12
参加費   2.,000円(ワンドリンク付き)
当イベントは予約制となっております。
03-3401-5600 もしくは mail@mf-tokyo.com まで、
①お名前 ②申込人数 ③電話番号 をご連絡ください。
 
 
[熊崎敬 プロフィール]
サッカーライター。
1971年生まれ。岐阜県出身。
「週間サッカーダイジェスト」を経て、フリーランスに。
主な著書『日本サッカーはなぜシュートを撃たないのか?
JAPANサッカーに明日はあるか』(共に文藝春秋)など


カテゴリー: Talking About Football, イベント - 2016年1月23日






やんちゃな子供

Pura Vida!
 
アリサカです、どうも。
 
 
 
かなーり時間が経ってしまいましたが・・・
 
『 Talking About Football Vol.036 長谷部健 』
 
にお越しくださったみなさま、どうもありがとうございました!
 
 
 
前日までアメリカに行っていたにも関わらず、
 
そんな疲れなど微塵も見せず、たっぷりと語ってくださいました。
 
しかも、かしこまった感じではなく、とってもフランクに。
 
時に、政治家だということを忘れてしまうほどに(笑)
 
DSC09527
 
 
 
お話は、
 
政治家になるまでの長谷部さんの歴史について、
 
子供の自由を推奨する公園「 はるのおがわプレーパーク 」について、
 
東京オリンピックとパラリンピックについて、
 
そして夢のひとつだというプロサッカーチーム発足について。
 
DSC09522
 
 
 
「 プレーパークの原点は、
 
  自分自身が経験した “ 青空保育 ” なんです。
 
  代々木公園やいろいろな公園で、
 
  地域の様々な人たちと関わりながら思いっきり遊んでました。
 
  そこでの体験を通してたくさんのことを学べたんです。 」
 
 
「 本当にまだまだ夢の話ですが、
 
  渋谷区にプロサッカーチームを発足させたいと思っています。
 
  そのときには、2万人規模のスタジアムの建設も考えています。 」
 
 
「 ボクが唯一自慢できることがあるとすれば、
 
  友達や知り合いが多いということだと思います。
 
  その人たちを掛け合わせて面白いことをやれないかなと
 
  そんなことをずっと考えていますね。
 
  広告の世界でも、政治の世界でもやってることは同じで、
 
  結局、プロデューサーなんですよね。 」
 
  
「 渋谷からローカルヒーローを生み出していきたいです。 」
 
 
 
mfのすぐ近くにある保育園の園庭を芝生化するとき、
 
長谷部さんは芝生養成の第一人者の元を訪れ、教えを受け、
 
実際に自宅の屋上で育ててみて、それを使ったんだそうです。
 
しかも、全面芝生化されてからは、芝刈りも自ら買って出て。
 
 
 
フランクな話し方や柔軟なアイデアも含めて、
 
「 政治家 」というイメージをいい意味でことごとく壊してくれる、
 
たくさんの希望を感じさせてくれる、やんちゃな子供のような人でした。
 
 
 
渋谷区がこれからどんな発信をしていくのか、
 
そして、そこからどんな変化が見られるのか、すごく楽しみです!
 
 
 
長谷部さん、お忙しい中、本当にありがとうございました!!
 
DSC09539


カテゴリー: Talking About Football, イベント - 2016年1月12日









twitter




shop info


mf mapを拡大する

ADDRESS:
東京都渋谷区神宮前3-18-12

地下鉄千代田線・副都心線
明治神宮前駅 5番出口より徒歩5分
地下鉄千代田線・銀座線・半蔵門線
表参道駅 A2出口より徒歩7分
JR 原宿駅 竹下口より徒歩10分

Tel:
03-3401-5600

営業時間
11:30 ~ 17:00 Cafe time
17:00 ~ Last  Bar time

水曜日定休