mf

about
blog
facebook
twitter



キュウさんという人

Pura Vida!
アリサカです、どうも。
 
 
だいぶ時間は経ってしまいましたが、
『 Talking About Football Vol.039 加藤久 』
にお越しくださったみなさま、どうもありがとうございました!!
 
 
まず何をおいてもこれだけは言いたい!
キュウさん、60歳ってウソですよね??(笑)
外見も内面も若々しくて、最高にカッコよかったです。
 
01IMG_7391
 
 
今回は、サッカーをやり始めた子供時代のお話から、
サッカー部の寮を脱走した大学時代、日本代表時代、
1985年国立競技場で行われた伝説のW杯予選の日韓戦、
読売クラブ&ヴェルディ時代、育成について等、
たっぷりと語っていただきました。
 
 
「 日韓戦前日の夜、
  同部屋だったカズシ(木村和司)と話してたんです。
  “ 明日勝ったらきっと、うちらの人生変わるよね ” って。 」
 
 
「 で、当日、
  スタジアム振られてるたくさんの日の丸を見たら、
  これまでにないほど気持ちが高ぶって、
  泣きそうになってしまって・・・。
  今考えると、その時点でダメだったんだよね。
  試合前に感傷的になってはいけないんだ。 」
 
 
サッカー人としてだけではない、
“ 加藤久 ” というひとりの人間としての魅力、
イベントに来てくださったみなさんは強く感じられたと思うのですが、
( 誰とでもフランクに、ものすごく自然体で話しをされてました )
キュウさんがこれまでに様々な役職、
様々な立場から日本サッカーに携わってこられたのは、
周りの人たちからその人間的な魅力を求められたから、
という部分もあったのではないかなと思いました。
 
 
「 技術的にレベルの高い子供がいいプレーをしたらね、
  “ お、そう来たか!! ” って驚いて、面白がってました。
  その子の持ってるものを引き出すだけでいい。
  教えすぎたら選手は育たないです。 」
 
 
「 やっぱり自分ひとりでは生きられなくて、
  人との出逢いなんですよね。
  うちらはみんな人と人の狭間で生きていて。
  それは東北の大震災で強く感じました。
  だから自分に出来ることを一生懸命やっていこうと。 」
 
 
本当に、あたたかい、あたたかい人でした。
それを表すように、イベントで紹介した写真は、
日本サッカーカメラマンの巨匠・今井恭司さんが、
「 キュウちゃんのためなら自由に使ってください! 」
と、キュウさんに内緒でご提供くださいました。
 
 
今井さん、ありがとうございました!!
 
 
GMを務められている「 ジュビロ磐田 」のこれからもまた楽しみです!
加藤久さん、どうもありがとうございましたー!!
 
02IMG_7173


カテゴリー: Talking About Football - 2016年7月4日






Talking About Football Vol.041 甲斐修侍/森岡薫

151016_taf_祖母井
 
Fリーグ優勝を期するこのおふたりは、
どんな想いを言葉にしてくれるのでしょうか。
 
 
 「 ASVペスカドーラ町田 」 甲斐修侍・森岡薫
 
 
 
ペスカドーラ町田の前身「 カスカヴェウ 」の創始者で、
“ 日本フットサル界のカリスマ ” と称される甲斐さんは、
Fリーガー最年長となる44歳の現役選手。
しかし今年6月、今シーズン限りでの引退を表明しました。
 
「1997年山中湖で結成した
 フットサルチーム “ Azul ” でスタートしてから20年目、
 2007年にFリーグが開幕して
 10年目という節目の年を最後に引退する決断をしました。 」
 
 
 
Fリーグ通算233試合229得点、
最優秀選手と得点王に輝くこと4回ずつと
名実共に日本フットサル界を代表する森岡さんは、
絶対王者「 名古屋オーシャンズ 」から
昨シーズン終了後に突然の解雇通告を受け、
ペスカドーラ町田に移籍しました。
 
「10年目という節目のタイミングで移籍した事は、
 僕にとって新たな挑戦です。
 チーム、環境、生活など様々な事が変わりますが、
 その中で結果を出す事が僕に与えられた使命だと思っています。
 これからはペスカドーラ町田の為に、
 一つでも多くのタイトルが獲得出来るよう全力を尽くします。 」
 
 
 
10年目という節目に「 最後の挑戦 」に臨む甲斐さん。
10年目という節目に「 新たな挑戦 」に臨む森岡さん。
 
 
 
今回は日本フットサル界を代表するおふたりに、
これまでのフットサル人生について、
日本のフットサル界の現在と未来について、
今シーズンのペスカドーラ町田について、
そして、子供たちの育成についても、
たっぷりと語っていただこうと思います。
 
 
 
「最も大切なのはプレーを “ 楽しむ ” ってこと。
 チーム内で何か問題が生じたとしても、
 全員で “ 楽しむ ” ってキーワードを追求していけば、
 それが解決の近道だと思うし。
 僕らも勝たなくちゃいけない使命感を持ちながらも、
 常にプレーを楽しんでいる。 」
甲斐修侍『 TIMEX 』より
 
 
 
「俺は自信に満ち溢れた人じゃない。
 だからこそ人の倍以上やらないと、
 成功しないと思っている。 」
森岡薫『 ROOTS 』より
 
 
 
[開催概要]
開催日時  2016年7月15日(金)20:00KickOff
開催場所  futbol&cafe mf 東京都渋谷区神宮前3-18-12
参加費   2,500円(ワンドリンク付き)
当イベントは予約制となっております。
03-3401-5600 もしくは mail@mf-tokyo.com まで、
①お名前 ②申込人数 ③電話番号 をご連絡ください。
 
 
 
[甲斐修侍 プロフィール]
1972年生まれ。宮崎県出身。
「ASVペスカドーラ町田」代表、コーチ、選手。
Fリーグ開幕前は「Azul」「カスカヴェウ」に所属。
今シーズン限りでの引退を表明。
 
 
 
[森岡薫 プロフィール]
1979年生まれ。ペルー出身。
「ASVペスカドーラ町田」選手。フットサル日本代表。
「名古屋オーシャンズ」では最優秀選手と得点王を4回ずつ獲得。


カテゴリー: Talking About Football - 2016年7月1日






Talking About Football Vol.040 藤田俊哉

fujita

ヨーロッパ各国の激動のシーズンが終了。
この方にとってもまた、
思うことの多いシーズンとなったのではないでしょうか。

「 VVVフェンロ 」コーチ  藤田俊哉
 
 
 
Talking About Football 最多となる4度目となるご登壇!
2015-2016シーズンが始まる前に行われた前回から約1年、
VVVフェンロはリーグ戦を2位で終えたものの、
残念ながらプレーオフ準決勝で敗れてしまい、
1部リーグへの昇格は叶いませんでした。

「 開幕から好調を維持しリーグ2位で
  エールディビジ(1部リーグ)昇格へのプレーオフに望みましたが、
  プレーオフ準決勝で敗れてしまい
  目標にしていたエールディビジ昇格とはなりませんでした…。
  リーグでの戦いが良かっただけに
  クラブ全体のショックは大きなものでした。
  しかし何がが足りなかった結果でもあるので、
  また前に進むための準備をして、
  来期こそ目標を達成するようベストを尽くします! 」
『 フェイスブック 』より
 
 
今回は、2015-2016シーズンのチームと
藤田さんについてのお話を中心に、
オランダ生活や家族についてなど、
自由にたっぷりと語っていただこうと思います。
 
 
「 何事もそうですけど、
  前例のないことをやろうとすると、必ず壁が立ちふさがってくるもの。
  欧州日本人選手の先駆者だった
  奥寺(康彦=横浜FC会長)さんやカズ(三浦知良=横浜FC)さん、
  ヒデ(中田英寿)だって苦労はあったと思います。
  自分が直面している難しさを乗り越えていくことで、
  5年先、10年先に欧州クラブで指導する日本人コーチが1人、
  また1人と増えていく。
  日本サッカー発展のために自分が役に立てればうれしいですね。 」
『 サッカーキング 』より
 
 
「 一番に考えていることは、
  どうすればチーム、選手がレベルアップできるか、です。
  試合に勝つために、サッカーに対する情熱を持ち続けるために、
  選手に何を話せばいいか、
  どういう接し方をすればいいかを考えています。
  そこは監督とコーチとで、大きく違う部分ですね。
  ただ、僕の性格はコーチではなく、監督向きだと思います。
  もちろん、フェンロではコーチの仕事に徹していますよ(笑)。
  自分としては、早く監督をやりたい気持ちもあります。 」
『 フットボールエッジ 』より
 
 
 
[開催概要]
開催日時  2016年6月26日(日)19:30KickOff
開催場所  futbol&cafe mf 東京都渋谷区神宮前3-18-12
参加費   2,500円(ワンドリンク付き)
当イベントは予約制となっております。
03-3401-5600 もしくは mail@mf-tokyo.com まで、
①お名前 ②申込人数 ③電話番号 をご連絡ください。

[藤田俊哉 プロフィール]
静岡県出身。元日本代表選手。
サッカー解説者。「 VVVフェンロ 」コーチ。


カテゴリー: Talking About Football, イベント - 2016年6月13日






“ キュウさん ” 、ついに登壇。

kato
 
Talking About Football Vol.039
ジュビロ磐田GM  加藤久

「 アジアの壁 」
「 日本サッカー史上最高のキャプテン 」
とも称された加藤さんは、
これまで本当に様々な立場から
フットボールに関わられてこられました。

JSL時代の読売クラブ黄金期を経て、
Jリーグでもプレー。
早稲田大学時代に初選出された
日本代表では国際Aマッチ61試合出場。
サッカー選手と研究者としての
二足のわらじを履き、博士の学位を取得。
まだ現役選手だったにも関わらず、
日本サッカー協会の強化委員に選出。
Jリーグ3チームの監督、
JFA復興支援特任コーチを歴任。
そして現在は、ジュビロ磐田のGM。

様々な視点を持つ加藤さんの目に、
今の日本サッカーはどう映っているのでしょうか。

今回は、
W杯初出場まであと一歩と迫った、
1986年のアジア最終予選について、
キャプテンや監督として実践されてきた
ご自身の考えるリーダー論について、
ひとりで始められた東北の復興支援について、
そして、現在のジュビロ磐田について、
たっぷり語っていただこうと思います。

 「 実は憧れていた早稲田大学サッカー部の寮を、
   わずか1ヵ月で逃げ出してしまったんです。
   寮には全国からサッカーエリートが集結。
   大阪弁、広島弁、静岡弁が飛び交う中、
   宮城出身で東北訛りがあった自分は、
   なかなか会話に入っていけませんでした。 」

 「 ある時たまたま本屋で
   デール・カーネギーの
   “ 道は開ける ” という本に出会ったんです。
   その本を読んでまさに
   自分の道を再び開こうと決意し、
   サッカー部に戻りました。 」

 「 苦しいときに支えてくれる仲間は
   一生忘れられない。
   とにかく気持ちがありがたい。
   背中についてる彼らの意思を
   忘れずに戦っていきたい。 」

[開催概要]
開催日時  2016年6月17日(金)20:00KickOff
開催場所  futbol&cafe mf 東京都渋谷区神宮前3-18-12
参加費   2,500円(ワンドリンク付き)
当イベントは予約制となっております。
03-3401-5600 もしくは mail@mf-tokyo.com まで、
①お名前 ②申込人数 ③電話番号 をご連絡ください。


カテゴリー: Talking About Football - 2016年6月8日






スタッフ募集

mf_kyujin_web
 
「 ラテン 」と「 フットボール 」を
 
テーマにした『 Futbol & Cafe mf 』では、
 
社員・アルバイト共に新スタッフを募集しています。
 
 
 ① 「 社員 」(試用期間あり): 店長業務全般とイベント企画・運営
 
 ② 「 アルバイト 」: ホールとキッチンの兼務
 
 
ボールを蹴ったときのような。
 
知らない場所へ旅をしたときのような。
 
大好きなミュージシャンのライブに行ったときのような。
 
 
 
そんな「 自由 」が感じられるものを
 
一緒に生み出せる仲間を募集中。
 
自由は、楽しんでいる気持ちから。
 
あらゆることを楽しめる人、
 
一緒にオモシロイものを生み出していきましょう!
 
お気軽にご相談ください。
 
 
【お問い合わせ】
担当:有坂
連絡先:info@mf-tokyo.com


カテゴリー: スタッフ募集 - 2016年5月31日






キリンカップPV

Pura Vida!
 
アリサカです、どうも。
 
 
 
久しぶりの日本代表戦です!
 
6/3(金)7(火)に開催されるキリンカップの
 
パブリックビューイングを開催します!
  
mf_live
 
 
 
6/3(金)の対戦相手はブルガリア。
 
その結果次第で火曜日に戦うのは、
 
ボスニアかデンマークとなります。
 
 
 
これまでのW杯アジア予選のメンバーに、
 
川崎フロンターレの大島僚太選手、
 
ジュビロ磐田の小林祐希選手と、
 
2人の初選出選手を加えた新生日本代表。
 
どんな変化が見られるのか楽しみです!!
 
 
 
チョリパンとラテンビール片手に、
 
ぜひぜひ一緒に応援しましょうー!!
 
 
 
● 6/3(金)19:40KO(18:30開場)日本代表 vs ブルガリア代表
 
● 6/7(火)19:30KO(18:30開場)日本代表 vs ボスニア代表orデンマーク代表


カテゴリー: イベント - 2016年5月30日






熱い想い

Pura Vida!
 
アリサカです、どうも。
 
 
 
ちょっと時間は経ってしまいましたが、
 
『 Talking About Football Vol.038 金山友紀 』
 
にお越しくださったみなさん、どうもありがとうございました!
 
 
 
野球少年が日本フットサル界を引っ張るまでのストーリー、
 
選手としての考え方、そして、これからの日本フットサル界への思い、
 
盛りだくさんな内容でしたがいかがだったでしょうか?
 
 
 
金山選手は話すのが苦手だと何回もおっしゃっていましたが、
 
それを信じたお客さんはひとりもいなかったはず(笑)
 
彼の熱い想いは言葉に乗って

ちゃんと届いていたのではないかなと思います。
 
 
 
印象に残ったのが、トークの中で何回も、
 
「 自分は本当にへたくそですから 」
 
ということを言っていましたが、
 
それが謙遜してる風な言い方ではなく、
 
心の底から思っているんだろうなという言い方で。
 
 
 
意外でしたが、お話を聴いてたらちょっと腑に落ちました。
 
IMG_6418
 
 
 
高校時代からサッカーを始めたこと、
 
それからすぐに当時全国ナンバーワンだった

静岡の名門高校に練習参加したこと、
 
日本フットサル界の伝説的なチーム「カスカヴェウ」に途中入団したこと、
 
カスカヴェウに初合流したブラジル遠征で

手も足もでないような完敗を喫したこと、
 
まったく予期せぬタイミングで初めて日本代表に招集されたこと。
 
 
 
新しい環境のレベルが、
 
その時々の自分の実力ではとても計れないくらい高すぎて、
 
「 見上げる 」しかなかったからなんだろうなと。
 
  
 
FCバルセロナの寮長さんが話していたという、この話しを思い出しました。
 
 
 
「 この寮で生活してる若者たちは
  
  必ずサッカーが上手くなる。何でかわかるかい? 」
  
 
「 それは練習に行くときに、
  
  あの巨大なカンプ・ノウの横を毎回通って、
 
  それを見上げているからだ。」
  
「 人は何か大きなものを見上げると謙虚になれる。
  
  謙虚になれれば、サッカーは必ず上手くなるんだ。 」
 
 
 
これまでいろいろな環境で大きなものを見上げ続けてきていて、
 
きっと、今もまだ見ているんだろうなと思いました。
 
金山選手が最後に語ってくれたこの話しが

それを物語っているのではないかなと。
 
 
 
「練習のときは自分が一番へたくそだと思ってやってますけど、
 
 ただ試合のときは自分が一番上手いんだと思い込んでやっています。
  
 そして、お客さんに対して“自分のプレーを見てくれ!”
 
 とも思ってますね。 」
 
 
 
Fリーグの新シーズンは、6/11(土)に開幕。 
 
金山選手が所属する「 ペスカドーラ町田 」の開幕戦は、
 
6/11(土)17:00から、場所は国立代々木競技場第一体育館になります。
 
ぜひ足を運んでみてください!

きっと金山選手の熱さを感じられるはずです!
 
 
 
金山選手、本当にありがとうございましたー!!
 
IMG_6422


カテゴリー: Talking About Football, イベント - 2016年5月7日






ゴールデンウィークの営業につきまして

Pura Vida!
 
アリサカです、どうも。
 
 
 
いよいよゴールデンウィーク!!
 
mfは少しだけ営業日とお休みが変更になります。
 
「 」が変更になるところです。
 
 
 
 4/29(金) 通常営業
 
 4/30(土) 通常営業
 
 5/1(日)  通常営業
 
 5/2(月) 「 臨時休業 」
 
 5/3(火)  通常営業
 
 5/4(水) 「 通常営業 」
 
 5/5(木)  通常営業
 
 5/6(金)  通常営業
 
 5/7(土)  通常営業
 
 5/8(日)  通常営業
 
 
 
となります。
 
 
 
ブラジルカレーやチョリパンと一緒に、
 
明るいうちからのラテンビールとかサイコーだと思います!
 
gol.の春夏アイテムも揃っています!
 
  
 
ぜひぜひ遊びに来てくださいねー。
 
IMG_6365

IMG_6427

IMG_6433


カテゴリー: お知らせ, 今日のMF - 2016年4月25日






芝張り

Pura Vida!
 
アリサカです、どうも。
 
 
 
mfに来たことがあるみなさんはわかるかもしれませんが、
 
お店のすぐ近くには保育園があるのです。
 
平日は子供たちが元気に遊ぶ声がお店の前まで響いてきて、
 
なんだかほっこりとした気持ちになれるんですよねぇ。
 
  
 
そして先日、
 
この保育園に芝生の張り替えのお手伝いに行ってきました。
 
そう、芝生なのです、この保育園の園庭は。スゴイですよね!
 
 
 
さらにビックリしたのはお手伝いメンバーの中に、
 
あるJリーグチームの練習場やスタジアムの
 
芝管理をしているプロフェッショナルの方がいたこと!
 
その方に陣頭指揮をとってもらい張り替え作業をやってきたのですが、
 
なかなかできない経験で初めて知ることばかりで本当に楽しかった!!
 
こうやってプロのグランドはつくられているんだな、
 
とちょっと感慨深い気持ちにすらなりました。
 
w
 
q
 
e
 
 
 
さて、mfではfacebooktwitterにてお店の情報を
 
発信していますが、
 
ここ最近、お店においてある雑貨なんかもちらっと紹介しています。
 
例えばこんなのとか。
 

お店には、フットボールにまつわる
 
面白いものがまだまだ集まっていますので
 
是非チェックしにお遊び来てくださいねー。


カテゴリー: 今日のMF, 雑貨 - 2016年4月16日






中国&南米

Pura Vida!
 
アリサカです、どうも。
 
 
 
「 ワタリッシモな夜 」に
 
お越しくださったみなさま、謝謝&グラシアス!
 
約2年ぶりとなる5回目の開催でした。
 
v
 
 
 
今回のワタリッシモでは
 
前半はまだまだ謎の多い「 中国サッカー 」について、
 
後半はブラジルW杯、コパ・アメリカ、南米予選を通しての「 南米の今 」について、
 
変わらないワタ節で大いに語っていただきました。
 
 
 
いろいろな話しが印象に残ったのですが、
 
主に中国トークでは、
 
雰囲気としてはJリーグ開幕時と似ているものの、
 
あのときの日本と違い今の中国サッカーは、
 
国家プロジェクトとして予算も国から下りてきているということ、
 
で、だからこそ、あれだけのビッグネームが集結しているということ。
 
 
「給料未払いという報道もされていると思うのですが、
 
 なんだかんだと理由をつけられて気持ちよくは払われないのですが、
 
 最終的にはちゃんと払われるんです。
 
 というか、世界中で同じようなことがありますよね。
 
 だから逆に、きちんとスンナリと払われる日本こそ
 
 もしかしたら、おかしいのかもしれませんね(笑) 
 
 そこら辺は中国に来て、あらためて思ったところです。」
 
 
南米トークでは、
 
相手を引き込んでから守れるという南米の戦術眼の深さについて。
 
 
「前からプレスに行ってボールを奪うことが主流ですが、
 
 アルゼンチンやウルグアイを中心に、
 
 相手を待ち構えて引き込んだ上でボールを奪うということをしますよね。
 
 しかも奪った後のパスからの速攻で仕留めることまで考えているから、
 
 そのパスが出せないのであれば、奪いに行くこと自体を止められる、
 
 しかもそれを個人だけじゃなくて、チームで自然と共有できる、
 
 それができるのは南米の深さだと思います。」
 
 
 
今回もやはり、ディープで軽快なワタリッシモでした!
 
6回目の開催もお楽しみに!!
 
 
 
亘さん、謝謝&グラシアス!
 
x
 
c


カテゴリー: イベント - 2016年4月12日









twitter




shop info


mf mapを拡大する

ADDRESS:
東京都渋谷区神宮前3-18-12

地下鉄千代田線・副都心線
明治神宮前駅 5番出口より徒歩5分
地下鉄千代田線・銀座線・半蔵門線
表参道駅 A2出口より徒歩7分
JR 原宿駅 竹下口より徒歩10分

Tel:
03-3401-5600

営業時間
11:30 ~ 17:00 Cafe time
17:00 ~ Last  Bar time

水曜日定休