mf

about
blog
facebook
twitter



Talking About Football Vol.042 実川元子

taf_jitsukawa
 
 
「 サッカーを通して友情の橋を架ける 」と謳う
独立系サッカー連盟「 ConIFA 」が開催した「 もうひとつのW杯 」。
日本からも1チームが出場した第2回大会のレポートです。
 
 
 ライター・翻訳家  実川元子
 
 
FIFAから閉め出された国や地域などが参加する国際大会
『 ConIFA ワールドフットボールカップ 』
その大会の存在と素晴らしさを日本で発信している実川さん、
昨年9月以来となる2回目のご登壇です。
 
 
ジョージア(グルジアから改名)と
ロシアの西側国境に位置する「 アブハジア共和国 」で
今年6月に開催された第2回ワールドフットボールカップは、
出場希望を表明した24チームによるプレゼンテーション、
その後、投票で選定された12チームが参加。
 
 
その中には東アジアのチームとしては初参加となった
「 ユナイテッド・コリアンズ・イン・ジャパン 」( FCコリア )
在日コリアンズが中心となったチームがありました。
 
 
「 選手たちが大男相手にひるむことなく、
  ひたむきに走り回って躍動したことで、
  FCコリアはにわかに周囲の注目を集めた。 」
『 フットボール批評 issue12 』より
 
 
「 FCコリアの観客数は試合ごとに増えていき、
  試合中にスタンドからは、
  “ コレア、コレア ” ( 現地の発音 )のチャントが響く。
  さらに追っかけサポーター集団ができ、
  試合終了のホイッスルと同時に10代の少年少女たちが
  スタンドから乗り出して選手たちにサインやツーショットをねだる。
  またスタンドでは50〜60代の男性たちが熱心にし合いを観戦して
  いいプレーがあると大きな拍手をしてくれた。 」
『 フットボール批評 issue12 』より
 
 
結果は7位に終わったものの、
大会の大きな意義を実践したチームとなりました。
 
 
「 FCコリアは、初出場ながら大健闘で、
  そのサッカーでアブハジアの観客の心をつかんだ。
  またピッチ外でも、他チームの選手たちをはじめ、
  アブハジアの人々と積極的に交流して
  積極的に交流して親睦をはかった。
  ConIFAの趣旨である “ サッカーを通して友情の橋を架ける ”
  ことを実践したのはすばらしい。
  試合結果に満足していないかもしれないが、君たちは勝者だ。 」
『 フットボール批評 issue12 』より  
 
 
今回はこの大会に参加した「 FCコリア 」の方々にも来ていただき、
選手としての生の声もお聞きしたいと思います。
 
13819351_10206944132624187_675665424_n
 
 
そして、取材者としてだけでなく、
舞台裏ではコーディネーターとしても関わった実川さんは、
今大会にどのような「 サッカーの可能性 」を感じたのでしょうか。
写真や映像を交えながらたっぷりと語っていただきます。
 
 
[開催概要]
開催日時  2016年8月5日(金)20:00KickOff
開催場所  futbol&cafe mf 東京都渋谷区神宮前3-18-12
参加費   2,500円(ワンドリンク付き)
当イベントは予約制となっております。
03-3401-5600 もしくは mail@mf-tokyo.com まで、
①お名前 ②申込人数 ③電話番号 をご連絡ください。
 
 
[実川元子 プロフィール]
ライター、翻訳家。
熱狂的なガンバ大阪ファンでもある。
主な翻訳本『 サッカーが勝ち取った自由 アパルトヘイトと闘った刑務所の男たち
孤高の守護神 ゴールキーパー進化論 』( 全て白水社 )『 PK 』( カンゼン )
 
13820461_10206944136744290_1783392949_n


カテゴリー: Talking About Football - 2016年7月23日






top



twitter




shop info


mf mapを拡大する

ADDRESS:
東京都渋谷区神宮前3-18-12

地下鉄千代田線・副都心線
明治神宮前駅 5番出口より徒歩5分
地下鉄千代田線・銀座線・半蔵門線
表参道駅 A2出口より徒歩7分
JR 原宿駅 竹下口より徒歩10分

Tel:
03-3401-5600

営業時間
11:30 ~ 17:00 Cafe time
17:00 ~ Last  Bar time

水曜日定休