mf

about
blog
facebook
twitter



真摯な姿勢

Pura Vida!
アリサカです、どうも。
 
 
『 Talking About Football Vol.040 藤田俊哉 』
にお越しくださったみなさま、どうもありがとうございました!
 
 
トシヤさんは、このイベントで最多となる4回目の出演!!
しかも今回は、オランダから帰国したばかりで、
成田空港からそのまま来てくださいました( お寿司屋さん経由 )
 
 
01IMG_7283
 
今回、前半は、
プレーオフで敗れ惜しくも一部昇格を逃した「 VVVフェンロ 」でのお話、
指導者としての考え方、オランダのリーグについて、日本代表について、
コパ・アメリカとユーロについて、
後半はフルで、お客様との質疑応答の時間となりました。
 
 
 
「 日本では、チーム練習の後に個人練習をやるのが当たり前ですが、
  外国、特にヨーロッパは監督がやらせないことが多いですね。
  それはコンディショニングを重視しているので、
  監督が練習量をすべてコントロールしたいという思いがあるからで。
  なので、やるのを認めたとしても時間をきっちり決めて、
  それも含めて練習量をコントロールしたがりますね。 」
 
 
「 ヨーロッパのトップリーグの監督を
  日本人がやるのは本当に厳しいんです。
  それは指導者ライセンスの制度上の問題で、
  日本で取ったライセンスは向こうのものに変換できないんです。
  なので、取り直さないといけなく、
  そのための膨大な時間を考えるとちょっと難しいなと。
  日本を含めたアジアが下に見られているのが事実です。
  でもそこを変えていければ、
  制度も変わっていくと信じてボクはやっています。 」
 
02IMG_7292
 
 
参加者の方からの、
 
「 うちの小学生の子供は周りの子と比べても
  力がなくて試合にも出れないんですね。
  ただ、サッカーが本当に好きで
  スペインに行ってやりたいとも言うんです。
  もちろん表立って反対はしませんけど、どうしたらいいか・・・ 」
 
 
という質問に対してトシヤさん、とても優しく、でも力強く、
 
 
「 すごくいいじゃないですか!
  好きなんですよね、それが一番大事だと思いますよ。
  だし、お母さん、息子さんの力がないってなんでわかるんですか?
  たぶん、ボクが見てもわからないと思うんです。
  子供の可能性って本当に計り知れないから。 」
 
 
「 もし実際にスペインに行ったとして、
  例えそこで選手になれなかったとしても、
  そこでの経験が違う仕事に繋がっていくかもしれないし、
  そこで出会った人と何かが生まれていくかもしれないですよね。
  だからボクは本人が望むのであれば、
  ぜひ応援してあげてほしいなぁ。 」
 
03IMG_7284
 
 
この質問だけでなく、
すべての質問に真摯に答えていたトシヤさんの姿勢を見て、
やっぱりこの人は多くの人から愛されるようなーとあらためて実感。
 
 
 
トシヤさん、今回もまたどうもありがとうございましたー!!
 
04IMG_7287

05IMG_7289


カテゴリー: Talking About Football - 2016年7月12日






top



twitter




shop info


mf mapを拡大する

ADDRESS:
東京都渋谷区神宮前3-18-12

地下鉄千代田線・副都心線
明治神宮前駅 5番出口より徒歩5分
地下鉄千代田線・銀座線・半蔵門線
表参道駅 A2出口より徒歩7分
JR 原宿駅 竹下口より徒歩10分

Tel:
03-3401-5600

営業時間
11:30 ~ 17:00 Cafe time
17:00 ~ Last  Bar time

水曜日定休