mf

about
blog
facebook
twitter



mf復活!(徐々にねっ!)

2016年9月。7年間の裏原での歴史に幕を閉じたmf。
そんな、mfが春の訪れとともに徐々に復活していきます!
場所は、吉祥寺・井の頭公園。
gol.のオフィスお引っ越しとともに、新たなまちに引っ越してきました。
井の頭公園と一体になったとってもステキなところです。
 
 
春の芽吹きを感じながらまだ肌寒いこの季節。
とっても良い空気に、ボートも浮かんでいる水面を眺めながら、
mf特製スープを片手に井の頭公園を散策してみてください。
期間限定、数量限定でちょこっと、とりあえずの復活。
皆さまのお越しをお待ちしております!
※チョリパンとブラジルカレーは今回は販売いたしません。
 
 
ー 場 所 ー
〒181-0001 三鷹市井の頭3-31-15
京王井の頭線 井の頭公園駅 徒歩10秒
吉祥寺駅 徒歩15分
 
ー 日 時 ー
4/1(土)、4/2(日)、4/8(土)、4/9(日)
4日間とも、11時〜15時
 
ー お問い合わせ ー
0422-24-9342
 
ー 販売メニュー ー
◯“チョリ”ストローネ
mf名物のチョリソーと太陽をたっぷり浴びた甘くて濃いトマト。
肉々しい旨味と優しい野菜の夢のコラボ。
絶対に美味しいヤツの完成です。集まれーっ!!

◯武蔵野野菜とパタゴニア岩塩のグリーンスープ
ソテーした野菜が香ばしい野菜たっぷりのスープ。
アルゼンチンのチミチュリソースとパタゴニアの岩塩で仕上げたコクのある仕上がり。
mfでしか交わることがなかった味わいが自慢のスープです。

gol. STORE PARKSIDE(吉祥寺)もプレオープン致しますよ♪
 


カテゴリー: MF, お知らせ - 2017年3月28日






Talking About Football Vol.043 今西和男

「 Fútbol & Café mf 」は一旦閉店し
店長は一旦南米へ旅立ちましたが、
mfの大人気イベントTalking About Footballは続きます!
 
 
43回目のゲストは、
日本におけるゼネラルマネージャーの地位を
確立させた人物 今西和男さん。
 
 
imanishi_1
 
ゼネラルマネジャーとして、サンフレッチェ広島の礎を築き、
FC岐阜の社長も務め、
現在、Jリーグをはじめさまざまな立場で活躍している人々を
育て上げてきた「 育将 」にご登壇頂きます。
 
 
当日は、ナビゲーターとして
徳は孤ならず 日本サッカーの育将 今西和男』 の
作者木村 元彦にお越しいただき、
今西さんの功績を振り返りたいと思います。
 
 
サッカー関係者のみならず、
「 人を育てる 」 ことに関わっている人たちにも
是非お越しいただきたいイベントです!
ご予約はメールもしくはお電話でお願いします。
 
 
[開催概要]
開催日時 2016年12月7日(水)19:30KickOff
開催場所 futbol&cafe mf
     東京都渋谷区神宮前3-18-12
参加費 2,500円(ワンドリンク付き)
当イベントは予約制となっております。 03-3401-5600 もしくは mail@mf-tokyo.com まで、
①お名前 ②申込人数 ③電話番号 をご連絡ください。


カテゴリー: Talking About Football - 2016年11月22日






mfから重要なお知らせ

mf_close
 
「 Fútbol & Café mf 」は
2016年9月末をもって原宿を旅立ちます。
 
どうもありがとうございました。
 
次は、どこで、どんな形で。
その日まで楽しみにしていてください。
 
また会いましょうね。
 
『 人生はフットボールであり、
フットボールこそが人生 』
ディエゴ・マラドーナ


カテゴリー: お知らせ - 2016年9月12日






W杯アジア最終予選UAE戦、タイ戦

Pura Vida!
アリサカです、どうも。
 
 
 
ついに、アジア最終予選スタート!
やっぱりちょっと緊張感が出てきますね・・・。
 
 
 
mfではもちろんパブリックビューイングを開催します!!
 
 
 ● 9/1(木)19:25Kick Off(18:30開場) vs UAE
 
 ● 9/6(火)21:15Kick Off(19:00開場) vs タイ

 
daihyo111
 
 
 
くせ者2チームとの連戦!
アギーレ監督時代にアジアカップで敗北を喫したUAE、
2次予選でイラクを抑え首位通過を果たした成長著しいタイ。
 
 
 
最終予選は約1年かかる長丁場ですが、試合数は10。
スタートとなるこの2試合がかなりの鍵を握ることは間違いないと思います。
 
 
 
個人的に楽しみにしているのは、
新天地セビージャで早くも信頼を獲得しつつある
清武選手はどんな形での起用となるのか、
リオ五輪で輝きを放った大島選手、浅野選手がどう絡んでくるか。
 
 
 
ぜひ一緒に応援しましょう〜!!


カテゴリー: イベント - 2016年8月27日






第2回もうひとつのW杯

Pura Vida!
アリサカです、どうも。
 
 
『 Talking About Football Vol.042 実川元子 』
にお越しくださったみなさま、どうもありがとうございました!
 
 
 
FIFAに加盟することが許されない国や地域が集まって行われる
「 ConIFA ワールドフットボールカップ 」
今年の6月、ロシアの西に位置する
アブハジア共和国で開催されたその第2回大会のお話を、
写真や映像を交えながら、たっぷりとお話していただきました。
 
1
 
2
 
 
 
今回は、日本から初参加となった
「 FCコリア 」を母体にした在日韓国人と朝鮮人のチーム
「 ユナイテッド・コリアンズ・イン・ジャパン 」
の選手やスタッフの方々のリアルな声もたくさん。
 
 
 
現地の女の子たちに尋常なくモテた選手もいたみたいで(笑)
 
3

4
 
 
 
実川さんとスタッフの方が共通して言っていたのは、
 
  
「 実際にその場所に行ったり、人に会ったり、
  体験しないとわからないことが、
  本当にいっぱいあるんだということがわかりました。 」
 
ということで、
特にこの大会に関しては、聞いたこともなく、
どこあるかもわからないような
国や地域ばかりが集まっているからこそ、
余計にそういう実感が多かったのではないかなと。
 
 
 「 やっぱりその国の人たちに会って、
   少しでも言葉を交わすと
   興味が出て調べるようになるんですよね。
   でもそれはきっと相手も同じで、これをきっかけに
   うちらのことを知ってくれるようになるんですよね。 」
 
 
というスタッフの方の話しはまさに、
「 サッカーを通して世界に橋を架ける 」
ConIFAが掲げている理念そのものだなと思いました。
 
5

6
 
 
 
昨年9月のTalking About Football
ご登壇していただいたときには
完全にいち取材者としての関わりだった実川さん、
じつは今大会では大会運営にも関わられていたのです。
 
 
 
「 ユナイテッド・コリアンズ・イン・ジャパン 」が出場できるよう、
本部でのプレゼンに参加されたり、手続き上のやり取りをされたり。
( 残念ながら落選となってしまった琉球FAのプレゼンも! )
 
 
 
こうしたことを通してこの大会への想いがより強くなっていき、
新たな欲が湧いてきているんだそうです。
 
 
「 このConIFAの大会を日本で開催したいと思ってます!
  大変なのはわかってるんですが、
  言っちゃった者勝ちですからね(笑)
  でも本当に開催したいと強く思ってるんです。 」
 
 
 
これからの展開がまた楽しみです!
実川さん、どうもありがとうございましたー!!
 
ConIFA公式サイト

決勝戦の動画

7


カテゴリー: Talking About Football - 2016年8月6日






リオ五輪日本代表戦パブリックビューイング

Pura Vida!
アリサカです、どうも。
 
 
 
コパアメリカ、ユーロ、
とビッグな大会が続く2016年、次はオリンピック!
 
 
 
mfでは、
日本代表のグループリーグ3試合のパブリックビューイングを開催します!
 
live
 
 
 ● 8/5(金)10:00 KickOff( 9:30開場 )vs ナイジェリア

 ● 8/8(月)10:00 KickOff( 9:30開場 )vs コロンビア

 ● 8/11(木)7:00 KickOff( 6:30開場 )vs スウェーデン
 
 
 
前評判を覆し、アジアを制して出場を決めた日本代表。
アジア予選とその後のチームでの成長を経て選出されたメンバーに、
オーバーエイジの3人を加えたチームはどんな戦いを見せてくれるのでしょうか。
 
 
 
興梠選手が加わったことで、
中盤から前がどんな人選になるのかが個人的には楽しみです・・・
 
 
 
ぜひ一緒に応援しましょう〜!!
お席のご予約は → 03-3401-5600 まで〜!


カテゴリー: イベント - 2016年7月25日






つながり

Pura Vida!
アリサカです、どうも。
 
 
 
『 Talking About Football Vol.041 甲斐修侍/森岡薫 』
にお越しくださったみなさん、どうもありがとうございました!
 
IMG_7551
 
 
甲斐選手、森岡選手それぞれの個人史について、
今シーズンのペスカドーラ町田について、
フットサル選手としての技術的なことについて、
お客さんからの質問も含めて、
たーっぷりと語ってくれた夜となりました。
 
 
 
口数は少ないながらも、
言葉を発した瞬間から思わず聴き入ってしまう甲斐選手のお話、
お客さんの反応を感じながら、
笑わせたかと思いきや
急にシリアスな話しまで展開していく森岡選手のお話。
 
 
 
「 静 」の甲斐選手、「 動 」の森岡選手。
 
IMG_7559
 
 
あんなに柔和な表情を浮かべて穏やかに話す甲斐選手が
息子さんとボールを蹴っているとスパルタ気味になってしまうこと、
あんなに野性味あふれて鋭い印象を放つ森岡選手が、
マイナス思考な上に試合前には緊張して吐きそうになってしまうこと、
そのギャップもまた、
おふたりの人間性を感じられてよかったなぁと思いました。
 
 
 
そう、甲斐選手がこんなお話をしてくれました。
 
 
「 プレースタイルってやっぱ変化していきますよね。
  ひとりよがりなプレーから
  周りと合わせるようになってくるというか、
  周りの良さをどうやったら引き出せるか
  を考えるようになるというか。
  でもそれで周りが得意なプレーをすることで、
  結果、自分も活きるんですよね。 」
 
 
 
「 周りの選手が
  自分の求めるプレーをしてくれなかったとき、
  その選手を攻撃したり、やる気をなくしたり、
  監督に使わないでくれって要求したり、
  そうやって周りのせいにする選手は
  やっぱどっかで消えていくんですよね。
  自分の良さを残しながらも、
  周りに合わせて、自分を変化させられる選手たちが
  今も生き残ってるんだと思います。
  うちの金山友紀って選手なんか、
  まさにそういう選手ですよ。 」
 
 
 
このイベントの数日後、
たまたま金山選手にお会いする機会があったので、
このお話を伝えると、
 
 
「 へえ、自分ではよくわからないですけど、嬉しいですね。 」
と。
 
 
 
そして、イベント数日前にあった試合で
甲斐選手がゴールを決めたことについて、
 
IMG_7595
 
 
「 いやぁ、スゴかったです、
  めっちゃ盛り上がりました。
  でも、修さんが決めたこと、
  さらに最年長ゴールを更新したことで、
  この試合は絶対に勝たなきゃいけない、
  何が何でも勝たなきゃいけないって、
  凄まじいプレッシャーがかかったんですよ(笑)
  もちろんいつもそう感じながらやってるんですけど、
  そのプレッシャーのかかり方が
  これまでとはちょっと違ったんですよね。 」
 
 
 
イベントでは森岡選手が、
 
 
 
「 ペスカドーラ入団を決めた理由のひとつに、
  修さんの存在があるんです。
  引退については聞いていたので、
  その前に一緒にやりたいなと。 」
 
 
 
「 名古屋オーシャンズでは、
  とにかく自分のことだけを考えていたと思います。
  自分を追い込んで、結果も出せば、チームの役にも立つ。
  だから、自分を高めることばかり考えていました。
  それがプロフェッショナルだろうと。 」
 
 
 
「 でも、ペスカドーラに来たら、
  自然と周りのチームメートのことを考えていて、
  周りのために自分に何ができるか、
  を考えるようになってたんです。
  アドバイスとかすごくしてると思います。
  しかも、相手によって
  言い方や伝え方も変えていきながら。 」
 
 
 
日本フットサル界の創世記に関わり、
Fリーグが10年経つ今も、
日本のフットサルを牽引し続けている人たちが、
周りの選手やチームのことを本気で考えている、
それはすぐには結果として表れないかもしれないですが、
とてもとても大きなことだと思うのです。
 
 
 
きっと、日本のフットサル界が
今よりさらに発展していくための「 種 」みたいなもの。
 
 
 
まずは、今シーズンのペスカドーラ町田のこれからを楽しみに!
 
 
 
甲斐選手、森岡選手、そして、
とてもあたたかな雰囲気を生み出してくださった進行の岩本義弘さん、
どうもありがとうございましたー!!
 
IMG_7607


カテゴリー: Talking About Football - 2016年7月24日






臨時休業

臨時休業のお知らせです。
 
 
7/25(月)〜29(金)は、
gol.展示会とその準備のため、
また、7/31(日)は出張チョリパン販売のため、
臨時休業とさせていただきます。
 
 
7/30(土)は通常営業となりますので、
ぜひ遊びに来てくださいねー!
 
1download


カテゴリー: お知らせ - 2016年7月23日






Talking About Football Vol.042 実川元子

taf_jitsukawa
 
 
「 サッカーを通して友情の橋を架ける 」と謳う
独立系サッカー連盟「 ConIFA 」が開催した「 もうひとつのW杯 」。
日本からも1チームが出場した第2回大会のレポートです。
 
 
 ライター・翻訳家  実川元子
 
 
FIFAから閉め出された国や地域などが参加する国際大会
『 ConIFA ワールドフットボールカップ 』
その大会の存在と素晴らしさを日本で発信している実川さん、
昨年9月以来となる2回目のご登壇です。
 
 
ジョージア(グルジアから改名)と
ロシアの西側国境に位置する「 アブハジア共和国 」で
今年6月に開催された第2回ワールドフットボールカップは、
出場希望を表明した24チームによるプレゼンテーション、
その後、投票で選定された12チームが参加。
 
 
その中には東アジアのチームとしては初参加となった
「 ユナイテッド・コリアンズ・イン・ジャパン 」( FCコリア )
在日コリアンズが中心となったチームがありました。
 
 
「 選手たちが大男相手にひるむことなく、
  ひたむきに走り回って躍動したことで、
  FCコリアはにわかに周囲の注目を集めた。 」
『 フットボール批評 issue12 』より
 
 
「 FCコリアの観客数は試合ごとに増えていき、
  試合中にスタンドからは、
  “ コレア、コレア ” ( 現地の発音 )のチャントが響く。
  さらに追っかけサポーター集団ができ、
  試合終了のホイッスルと同時に10代の少年少女たちが
  スタンドから乗り出して選手たちにサインやツーショットをねだる。
  またスタンドでは50〜60代の男性たちが熱心にし合いを観戦して
  いいプレーがあると大きな拍手をしてくれた。 」
『 フットボール批評 issue12 』より
 
 
結果は7位に終わったものの、
大会の大きな意義を実践したチームとなりました。
 
 
「 FCコリアは、初出場ながら大健闘で、
  そのサッカーでアブハジアの観客の心をつかんだ。
  またピッチ外でも、他チームの選手たちをはじめ、
  アブハジアの人々と積極的に交流して
  積極的に交流して親睦をはかった。
  ConIFAの趣旨である “ サッカーを通して友情の橋を架ける ”
  ことを実践したのはすばらしい。
  試合結果に満足していないかもしれないが、君たちは勝者だ。 」
『 フットボール批評 issue12 』より  
 
 
今回はこの大会に参加した「 FCコリア 」の方々にも来ていただき、
選手としての生の声もお聞きしたいと思います。
 
13819351_10206944132624187_675665424_n
 
 
そして、取材者としてだけでなく、
舞台裏ではコーディネーターとしても関わった実川さんは、
今大会にどのような「 サッカーの可能性 」を感じたのでしょうか。
写真や映像を交えながらたっぷりと語っていただきます。
 
 
[開催概要]
開催日時  2016年8月5日(金)20:00KickOff
開催場所  futbol&cafe mf 東京都渋谷区神宮前3-18-12
参加費   2,500円(ワンドリンク付き)
当イベントは予約制となっております。
03-3401-5600 もしくは mail@mf-tokyo.com まで、
①お名前 ②申込人数 ③電話番号 をご連絡ください。
 
 
[実川元子 プロフィール]
ライター、翻訳家。
熱狂的なガンバ大阪ファンでもある。
主な翻訳本『 サッカーが勝ち取った自由 アパルトヘイトと闘った刑務所の男たち
孤高の守護神 ゴールキーパー進化論 』( 全て白水社 )『 PK 』( カンゼン )
 
13820461_10206944136744290_1783392949_n


カテゴリー: Talking About Football -






真摯な姿勢

Pura Vida!
アリサカです、どうも。
 
 
『 Talking About Football Vol.040 藤田俊哉 』
にお越しくださったみなさま、どうもありがとうございました!
 
 
トシヤさんは、このイベントで最多となる4回目の出演!!
しかも今回は、オランダから帰国したばかりで、
成田空港からそのまま来てくださいました( お寿司屋さん経由 )
 
 
01IMG_7283
 
今回、前半は、
プレーオフで敗れ惜しくも一部昇格を逃した「 VVVフェンロ 」でのお話、
指導者としての考え方、オランダのリーグについて、日本代表について、
コパ・アメリカとユーロについて、
後半はフルで、お客様との質疑応答の時間となりました。
 
 
 
「 日本では、チーム練習の後に個人練習をやるのが当たり前ですが、
  外国、特にヨーロッパは監督がやらせないことが多いですね。
  それはコンディショニングを重視しているので、
  監督が練習量をすべてコントロールしたいという思いがあるからで。
  なので、やるのを認めたとしても時間をきっちり決めて、
  それも含めて練習量をコントロールしたがりますね。 」
 
 
「 ヨーロッパのトップリーグの監督を
  日本人がやるのは本当に厳しいんです。
  それは指導者ライセンスの制度上の問題で、
  日本で取ったライセンスは向こうのものに変換できないんです。
  なので、取り直さないといけなく、
  そのための膨大な時間を考えるとちょっと難しいなと。
  日本を含めたアジアが下に見られているのが事実です。
  でもそこを変えていければ、
  制度も変わっていくと信じてボクはやっています。 」
 
02IMG_7292
 
 
参加者の方からの、
 
「 うちの小学生の子供は周りの子と比べても
  力がなくて試合にも出れないんですね。
  ただ、サッカーが本当に好きで
  スペインに行ってやりたいとも言うんです。
  もちろん表立って反対はしませんけど、どうしたらいいか・・・ 」
 
 
という質問に対してトシヤさん、とても優しく、でも力強く、
 
 
「 すごくいいじゃないですか!
  好きなんですよね、それが一番大事だと思いますよ。
  だし、お母さん、息子さんの力がないってなんでわかるんですか?
  たぶん、ボクが見てもわからないと思うんです。
  子供の可能性って本当に計り知れないから。 」
 
 
「 もし実際にスペインに行ったとして、
  例えそこで選手になれなかったとしても、
  そこでの経験が違う仕事に繋がっていくかもしれないし、
  そこで出会った人と何かが生まれていくかもしれないですよね。
  だからボクは本人が望むのであれば、
  ぜひ応援してあげてほしいなぁ。 」
 
03IMG_7284
 
 
この質問だけでなく、
すべての質問に真摯に答えていたトシヤさんの姿勢を見て、
やっぱりこの人は多くの人から愛されるようなーとあらためて実感。
 
 
 
トシヤさん、今回もまたどうもありがとうございましたー!!
 
04IMG_7287

05IMG_7289


カテゴリー: Talking About Football - 2016年7月12日









twitter




shop info


mf mapを拡大する

ADDRESS:
東京都渋谷区神宮前3-18-12

地下鉄千代田線・副都心線
明治神宮前駅 5番出口より徒歩5分
地下鉄千代田線・銀座線・半蔵門線
表参道駅 A2出口より徒歩7分
JR 原宿駅 竹下口より徒歩10分

Tel:
03-3401-5600

営業時間
11:30 ~ 17:00 Cafe time
17:00 ~ Last  Bar time

水曜日定休